琥珀

好まれている物

古代エジプトで高く評価された琥珀は、ローマ人よりも愛されていた。中世には、金とダイヤモンドと同等の情熱を燃やした。数世紀からは力や成功などの象徴である。今日、その所有は洗練された味と格別なスタイルのしるしである。豊かな色のパレットにより高く評価されている。それは明るい色や蜂蜜色の黄色でもあり、それとも緑色、赤色、茶色、又は濃い茶色の場合もある。自然な美しさで鑑識家を魅了されているが、やはりその自然もユニークである。